日常に溢れている色々な確率7選!

役立つ知識

こんにちわ!フィアレスです!

皆さんは日常に溢れている出来事の確率ですが、どれぐらいご存知でしょうか?

「飛行機が墜落する確率が分からない!」とか「宝くじが当たる確率ってどれぐらいあるんだろう?」と考えたことは皆さんあるのではないでしょうか?

今回は巷にあふれている様々な確率について、色々調べてみました。

一体これはどれぐらいの確率なんだろうと一般的に言われているものを中心に調べたので、この記事を読んでいただければ全く知らなかった確率がどんなもんなのかある程度わかるようになります。

その確率を元にある程度、目安になると思いますので是非参考にしてください!

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

日常に溢れている色々な確率

自動車事故で死亡する確率

毎日のようにニュースで自動車事故の死亡事故はありますが、実際はどれぐらいの確率なのかご存知でしょうか?

正解は0.000555%と言われています。

近年は自動車技術の進歩により、死亡率が減少しており年間の事故死傷者は82万人でそのうち死者は4411人、重傷者は46000人となっています。

世界的に見れば日本は人口10万人に対し、事故死亡率は5.2人となっており、自動車大国としては低い数字になっています。

逆にお隣の韓国では人口10万人に対して死亡率12人と倍以上の数字となっています。

飛行機が墜落する確率

飛行機事故のほとんどは海外で起こっており、しかも発展途上国での事故です。

その確率は0.000125%で、これは死のうと思って毎日飛行機に乗ってもイエスキリストが生まれてから現代までの時を経ても死ぬか死ねないかという確率になります。

ちなみに成田空港に関しては、2000年以降、成田空港発着の航空機での死亡事故は一切ないので、国内に関してはほぼ0%になります。

自分に雷が落ちる確率

ニュースなどで、雷に打たれた人の話を聞いたことがある方も多いと思います。

子供の頃にも雷雨がひどいときには「もしかしたら自分に雷が落ちるのでは」と思った方も多いと思います。子供の頃の雷って怖いですよね。。

では一体どれぐらいの確率で自分に雷が落ちるのかというと確率としては、10万分の1と言われています。

なので、滅多に自分に落雷が落ちる可能性はありませんが、実際には日本だけでも落雷被害者が全国平均で20人ほどはいるそうなので、思ったよりは多いなと思った方もいるのではないでしょうか。

隕石に衝突する確率

過去に何度か、地球に隕石が落下した痕跡が見つかっており隕石落下はフィクションの中だけの話ではありませんが、隕石落下はこれまで事例が非常に少ないため人が隕石に衝突する確率なんで計算できないのではないかと思うかもしれませんが、2014年にアメリカのチュレーン大学で、地球科学の教授を担当しているスティーブン・A・ネルソンさんがこの確率を論文で発表しました。

その確率はなんと160万分の1だそうです。

%で表すと0.0000006%であり、相当な低確率なので自分に衝突することは考えなくて良さそうですね。。

ジャンボ宝くじで1等を当てる確率

ジャンボ宝くじで1等を当てる確率は1700万分の1です。

確率で表すと0.00000582%になります。

これはジャンケンで25回連続で勝つ確率、サイコロで10回連続1の目をだす確率、6回連続で黒髭危機一髪で1発で飛び出す確率と大体同じだそうです。

なので、宝くじで1等を当てるというのはとんでもない幸運の持ち主ということになりますね。

自分が生まれてきた確率

自分自身が生まれてきた確率ですが、1400兆分の1と言われています。

これは確率で表すと0.0000000000000286%らしいです。

これは男性が一生涯で作れる精子の数が大体3兆5000億個、それに対して女性が一生涯で作れる卵子の数が400個と言われておりその二つを掛け合わせた数字となっています。

これはジャンケンで49回連続で勝つ確率、サイコロで19回連続で1の目を出す確率、黒ひげ危機一髪で11回連続で飛び出す確率と同じぐらいです。

なので、この記事を見ている皆さんもそれぐらいの確率を乗り越えためちゃくちゃ幸運の持ち主ということになりますね。

地球が誕生する確率

今皆さんが生きている地球は今から遥か昔の46億年前に誕生したと言われていますが、その確率は最早偶然とは言えないほどの奇跡とも言われています。

そんな地球はビッグバンの宇宙に舞った塵が集まって出来たと考えられています。

あまりにも生命の生育に良い条件が整っています。

そんな奇跡の星地球が誕生した確率ですが、残念ながら計測不能とのことです。

最早天文学的数値で今の人間には計算することすら出来ないそうです。

「日常に溢れている色々な確率7選!」のまとめ

今回は日常に溢れている色々な確率を、まとめてみましたがいかがでしょうか。

宝くじや飛行機墜落、自動車事故の確率あたりはイメージよりもずっと低いイメージではないでしょうか。

宝くじが思っていたより低いと感じた方は、無駄に買わない方がいいと思いますし自動車や飛行機事故についても必要以上に怖がる必要もないと思うので、無駄にストレスを感じることも減るでしょうから確率を知っておくというのは非常に大事だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました