間違ったダイエットをしないための方法6選!

悩み

こんにちわ!フィアレスです!

皆さんはダイエットをこれから始めようと思っていますでしょうか??

「ダイエットをやっているけどなかなか効果が出ない」とか「ダイエットするためにどういった準備をした方がいいのか」など痩せるには色々な悩みがありますよね。

今回はこの記事を読んでいただくと、以下の問題が解決します。

  • 間違ったダイエットは何かがわかる
  • どういったダイエットが効果的かわかる
  • 悪い習慣を解消することができる

私は若い時はガリガリに痩せていたためダイエットについては無縁だと思っていたのですが、30歳を超えた辺りから少しずつ太ってしまい、お腹が一時期めちゃくちゃ出てしまいました。

そこからこのままではダメだと、ダイエットを実施して3か月で7キロほど痩せました!

余り努力をせずに気が付いたら勝手に痩せていた!というような設定でダイエットをやったので、対して苦労せずに痩せれました。

その方法はどうすればよいのか、皆さんにお教えいたします!

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

間違ったダイエットの知識

糖質制限をするというのは大きな間違い

ダイエットをする上で糖質制限をすると、痩せやすいと思われがちですがこれは近年の研究で糖質制限をすることは逆効果であることがわかっています。

なぜかと言うと、糖質制限をしてしまうと睡眠の質が下がってしまうからです。

睡眠を始めてから8時間経つと、脂肪を燃焼させる作業が始まるのですが睡眠の質が下がってしまうと脂肪が燃焼されず痩せにくくなってしまいます。

太ってしまう習慣をいきなりやめようとしない

後は間食をしている方に多いのですが、間食していることをいきなり完全にやめようとしてしまうことです。

例えば3時のおやつでポテトチップスを食べているものを、いきなり完全に辞めてしまおうとすると、それがハードルが高いことが原因で続かなくて結局は食べてしまうのですが、間食自体を止めようとするのではなくポテトチップスを例えばナッツにするとか別のもので代用することで間食を辞めずにダイエットするなどの工夫が必要です。

ナッツは脂肪の燃焼を促進する効果もあるので、まさに一石二鳥ですね!

どのナッツがいいかなどの詳細については、別途記事にまとめておりますので、気になる方はご覧ください!

一番のダイエットは睡眠であることを認識する

後ダイエットをする人で勘違いをしている人の多くに、糖質制限などの食事制限の他に運動をすることが1番のダイエットであると思っている方が多いですが、運動は大した効果がないことが最新の研究でわかってきています。

具体的にはおにぎり一つ分カロリーを消費するだけでも、ウォーキング1時間、ジョギングでも30分かかってしまいます。

対して睡眠は睡眠中に多く「成長ホルモン」が分泌され、成長ホルモンが分泌されると脂肪が分解されます。

成長ホルモンについては、眠りについてから3時間から分泌されるようになるので眠りの質を高めることが必要になるのですが、糖質制限をしてしまうと睡眠の質が下がってしまうので糖質制限は絶対にしないようにしましょう!

ただ散歩については、カロリー消費自体はそれほどでもありませんが、運動不足も解消されドーパミンが分泌されるので散歩自体は非常にオススメです。

別途散歩が楽しくなる方法について、記事をまとめておりますので気になる方は是非ご覧ください。

また散歩以外に同じ有酸素運動のクロールも、同様に運動不足が解消され肩こりの軽減の効果などもあるので、非常にオススメです。

泳ぐことのメリットについても、同様に別途記事をまとめておりますので気になる方は是非ご覧ください。

就寝中は体温の低下とともに眠りが深くなっていきます。就寝前の体温が低いと寝つきも悪くなり睡眠の質が下がってしまい、寝る直前に体温がある程度高い方がいいのですが、高すぎても逆に寝付きが悪くなるので、就寝前の1〜2時間前にお風呂に入るようにしましょう。

また寝る1時間前には、ストレッチをして体をほぐすことでも睡眠の質が向上しますので10〜15分程度ストレッチをするようにしましょう。

朝食を食べないと太るは迷信

朝食を食べないと逆に太ってしまうということを聞いたことはありませんか。

私自身も以前はその迷信を信じていたのですが、こちらは完全な誤解です。

理由としては、朝食を食べないと太るというのは2003年の研究で朝食を食べることについての研究に対してお金を出している企業がありました。

その企業というのは何を隠そうケロッグ社です。

海外ではシリアルメーカーがお金を出してこのような研究をしているケースが多く、そう考えるとシリアルメーカーが意図的にこの説を浸透させた可能性があるので朝食を食べないと太るという説は信じる必要はないと認識しましょう。

間食は遅くても就寝2時間以上前にする

睡眠中に胃のなかに食べ物が残っている状態だと、胃が消化活動をし続けなければいけません。

そうなると当然睡眠の質が下がってしまうので、就寝前にしっかりと消化を終わらせるようにしましょう。

そのためには遅くとも就寝2時間前には済ませるようにしましょう。

ジムに行くための工夫をする

ジムに通う人に多いのですが、最初はモチベーションが高いので通うのですがあることがきっかけで通わなくなることがあります。

通わなくなる原因としては、習慣化出来ていないとちょっとしたことで全くやらなくなってしまうのです。

ですので習慣化するためにも様々な工夫をする必要があります!

私の場合は位置情報ゲームはオススメで、私はドラゴンクエストウォークをやっているのですが始める前は行くのが結構面倒くさかったりしたのですが、始めてからはむしろ「ゲームを進めたいのでジムに行きたい!」となっているので非常にオススメです!

以前モチベーションが維持できない理由と、どうすれば習慣化することができるのか記事にしましたのでその辺については以下記事をご覧ください。

「間違ったダイエットをしないために知っておくべき知識6選!」のまとめ

今回はダイエットをする際に、どういった知識が必要かまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

ダイエットに関しては、定期的に説が変わっていくので最新の情報としては今回記載した内容にはなるのですが、実際にダイエットを始める際は説が変わっているのではないかと事前に調べる癖をつけるようにして、正しい方法でダイエットをするようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました