会社を辞めたいと思う瞬間や理由5選!

転職

こんにちわ!フィアレスです!

皆さんは仕事をする中で、会社を辞めたいと思ったことはありますでしょうか?

悩んでいる人

会社を辞めたいと思う時って具体的にどういった時に思うんだろう?

私自身これまで4回転職を経験しておりますが、ブラック企業にいたこともあるので、会社を辞めたいと思ったことは何度もあります。

結論から言うと退職を考える理由は、人間関係が原因で退職を考える方が多いです。

その理由について今回ご紹介いたします。

この記事を読んでいただくと、以下の問題が解決します。

  • 退職を考える瞬間はどんな時か
  • 退職を考えずに仕事をするにはどうすればいいのか

この記事を参考にどういった時に退職を考えるのか、是非参考にしてみてください。

会社を辞めようとしている人の特徴については、別途記事をまとめております。

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

会社を辞めたいと思ったことがある人は全体の90%

2019年のアンケートですが、今の仕事を辞めたいと思ったことがある方が、全体の90%が今の会社を辞めたいと思ったことがあると結果が出ております。

逆に辞めたいと思わない方が、全体の10%しかいないため現職に不満を持っている方がほとんどなのが実情のようです。

会社を辞めたくなる瞬間や理由

会社を辞めたいと感じてしまう方が多いことはお伝えしましたが、具体的にどういった理由で辞めたいと感じるのでしょうか。

職場の人間関係

辞めたいと思う1番の理由は、職場での人間関係です。

学生時代であれば、気の合う友達と一緒に遊んでいれば問題なかったと思いますが、職場に関しては自分と気が合わずに、あまり価値観の合わないような人とも一緒に仕事をしなければいけません。

そういった理由で積極的にコミュニケーションを取らなかったりすると、人間関係が悪化して業務に支障が出ない場合もありますが、直接仕事上でやりとりをする必要がある場合は、業務に支障が出てしまい、最終的に片方が退職してしまうことが多いようです。

具体的には先輩から嫌がらせを受けたり、仕事に必要のない口出しなどをして精神的に追い込むなどです。

理不尽な扱いを受ける

社会人歴が長い方は経験されている方も多いと思いますが、私の方が正しいのに相手に叱責されてしまうことはありませんでしょうか。

私自身何度も経験があり、相手が間違っていることが確定しても謝られることもなく、何もなかったかのようにスルーされてしまうことがありました。

フィアレス

上司の場合は立場が対等ではないので、そのことに対して不満を持ってもなかなか言うことができずに辞めてしまう方が多いようです。

残業が多く休日出勤がある

人間関係が悪くなくても、残業が多くて疲弊してしまい退職する方も多いです。

平日は終電まで仕事をして、休日出勤があったりする方の場合、休息することも出来ず遊びにいくこともできないため、友人との人間関係も悪くなり、誘われることもなくなってしまいます。

近年は政府がライフワークバランスについて訴えるようになってからは、ブラック企業や過剰な労働時間を迫る会社は減ってきているかと思いますが、まだまだ多いのが現状になっています。

私自身も前職では、「仕事をバリバリやるぞ!」と考えていましたが、例えば収入などは残業をするよりも、家に帰って副業をやった方が稼げる確率は高くなると言うことを知ってからは、なるべく残業をしないようにしていましたが、非常に残業の多い会社でしたので退職しました。

そういった働き方についても、年齢を重ねていくにつれて変わってくる方も多いのではないでしょうか。

フィアレス

また副業については、オススメの副業とオススメしない副業について別途記事をまとめております。

給与面での不満

残業時間が長くても、残業代が付かなかったり、給与自体が低く昇給やボーナスもない会社もあり、そういった給与での不満で退職を考える方も多いです。

残業代がつく会社であったとしても、微々たる残業代のために無駄に残業をして会社に残りプライベートな時間や家族サービスが出来ないと言う方も多いようです。

私がブラック企業にいたときは、年齢は20代後半だったのですが手取りの給料が17万円程度で、ボーナスはもちろんなく、昇給に関しても2年目は1円も上がらなかったので、労働環境が劣悪だったことも重なって退職しました。

逆によく2年近くもいたなと思っていますw

フィアレス

正当な評価を受けていない

必死になって取り組んだ業務に対して、正当な評価をされなかった場合に退職を考える方が多いようです。

成果を出した社員に対しては、適正な評価をして給与などで還元するべきはずなのですが、会社としてはそこまで重要な業務ではなかったと判断してしまうと、評価基準に反映されない場合があり、「何のために一生懸命やったんだ」と思い、「ちゃんと自分を評価してくれる会社がいい!」と思うようです。

人間関係が悪いと、同期と比較する上司がいたり、特定の相手にだけひいきをしたり、仕事のやり方だけでなく人格を否定する方もいます。

私も常に不機嫌で怖い女性社員がいたのですが、プライベートな理由でその日はすごい不機嫌だったのですが、そのことで全く関係のないことで八つ当たりされたことがありました。。。

「仕事とプライベートは完全に分けるべきだろ!」とその時は思いましたが、そうじゃない人もいると言うことを知れて良かったです。

フィアレス

状況が改善されない場合は転職がオススメ

まずは人間関係の改善や給与アップのお願いについては、なるべく改善をするように試みるようにしてみてください。

ですが会社組織全体の問題であることが多いため、すぐに改善する可能性は高くないです。

その場合は転職活動をして環境を変えることをオススメします。

転職先を探す場合は自力で探すよりも転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントとは、転職を希望している利用者と求人募集している会社の仲介役のことで、日程の調整や面接対策などを行ってくれる会社のことになります。

転職エージェントは多数存在しますが、私はJACリクルートメントをオススメします。

理由としては案件の質が非常に良いため、好条件の案件が多いのが特徴です。

「会社を辞めたいと思う瞬間や理由5選!」のまとめ

今回は会社を辞めたくなる瞬間と理由についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

会社を辞めたいと思う状況は人それぞれで様々ですが、大抵は人間関係や給与などネガティブなことが多いです。

皆さんも現職に不満がある方は、まずは良好な人間関係の構築や給与アップのお願いなどを試みるようにして、どうしても状況が改善しない場合は転職などを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました